Garage Quadsquare

小さなガレージから綴る、クルマとバイクにまつわるあれこれ

日曜いろいろ

f:id:Tomaty:20180402222910j:image

こん◯◯は、ずです。

日曜日はクルマの洗車とカブのフロントタイヤ交換をしました。

 

 

クルマはまぁ、いつもと変わらない洗車。あわあわシャンプーで優しく撫でた後はすすぎ、スプレーコーティング剤吹きながら拭き上げ。

ちなみにコーティングはプリズムシールドがお気に入り。

 

 

施工の楽さ、水弾き、効果の持続性。何だかんだでこれがベストという結論。

 

拭ききれない水を落とすためにアストロプロダクツまでお出かけ。屋根を開けて桜並木の下を走れば、コクピットに舞い込んでくる桜の花びら。春を感じる、いい時期だ。

良く出来たロードスター乗りはミッションの入り具合で季節の変わり目を測るらしいけどねw

 

昼を挟んで今度はカブ弄り。

f:id:Tomaty:20180402224409j:image

ブレーキワイヤーとスピードメーターケーブルを外して

 

f:id:Tomaty:20180402224443j:image

シャフトを抜けば前輪が外れます。

 

f:id:Tomaty:20180402224528j:image

踏んだりこじったり唸ったりして古タイヤを外します、

チューブは予備に取っておくので、傷つけないように注意。

 

交換するタイヤはミシュランのM35。やばたんにも使っていて、天候を問わず安定したグリップと、真円に近い断面形状で使いやすいタイヤです。

 

今回は前後2.50で揃えました。プレスカブ は純正でリアのみ2.50なので、フロントだけワンサイズアップした形。

 

f:id:Tomaty:20180402224919j:image

タイヤを組む前にブレーキ、ハブベアリングのチェックを。ブレーキはまだまだ使えそう、ベアリングもガタは無いけど、途轍もなく汚いのでパーツクリーナーで徹底洗浄。

 

その後はタイヤを組むんだけど、硬いビードに四苦八苦して写真を撮る余裕はなく…

あ、タイヤの取り付けは此処を参考にしました。チューブを噛まないクレバーな方法です。

チューブタイヤを噛まずに交換する方法【M35】 | ゆうくんの工作記録

 

ちなみにカブの場合、フロントに2.50を組むと空気を入れてからではホイールが車体に取り付きません(タイヤが太いので、フォーク内側に出ているボルトの頭に干渉する)。

一旦空気を抜いて、組み付け後に空気を入れ直せばOK。

 

デカいタイヤレバーと中性洗剤があれば、案外無理ゲーではないと思うよ。

 

リアはチェーン交換を合わせて行いたいので、パーツが届くまでお預けです。